勤怠システムの重要ポイントについて

勤怠システムとは、パートもしくは契約社員も合わせた社員の勤怠を、管理下に置くシステムになります。
タイムカードをうまく活用して、十分に生かして勤怠や就労のマネージメントを、している会社が多いですが、勤怠システムを活用することで、複数の基盤をリアルタイムにマネージメント出来たり、多くの人数のマネージメントも、簡単になります。

勤怠管理システム構築のアピールポイントとしては、残業の時間削減で人件費が大きな削減できるようになります。



タイムカードの集計作業が、不要になります。

複数のベース間の情報シェアが容易になります。ウイークポイントとしては、労働基準法に変化が起こるたびに、システムを修正しなければいけないですし、また、組み込みにトータルコストがかかります。

コトバンクの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

勤怠管理システムを活用するケースになると、サーバはもとよりタイムレコーダー機器を取り入れることが欠かせません。

生体認証といっわれるもの、つまり指静脈、そしてICカード、スマートフォンなどから業務のシステムにあったものを選択します。

自分の会社であらたに勤怠システムを作り上げる場合には、かなりの投資が求められます。



勤怠管理を堅実に活用すると、従来多数見られたサービス残業が、格段に少なくなるにもかかわらず、生産効率は改善されます。


それに加えて、今ではサービス残業が過剰すぎる会社が、社会的現象となっているので、その対応策としても、役割を果たします。