Skip to content

求人情報比較のポイント

世界の経済はグローバル化が進み、日本の地方都市の景況や雇用にも世界経済の影響は避けられません。

為替レートは常に変動しているので、正解はありませんが、円高が進行すると、国内で生産するよりも、海外から輸入するほうが経済的に効率的になり、国内で生産したものを輸出する採算は悪化してしまいます。

現在は1ドルが約120円ですが、1ドル80円のという円高の時期があり、1000ドルで売ったものが12万円の売り上げになるか、8万円の売り上げになるかは採算に大きく影響します。

その為、円高でサービス業など、国内需要の産業は移転できませんが、製造業の工場などは、海外転出が増加し、求人も大きく減少していました。

とくに工場などの立地は地方都市が多く、地方都市の求人の減少は日本全体の活力をそいでいましたが、過度な円安の修正で、もともと技術力の高い国内への回帰が進んでいます。

その結果、全国的に求人が増える一方で、人口の減少や団塊世代の大量退職などで、働き手の数も減っています。

仕事を探している人にとっては、空前の売り手市場ということができ、こういうときには、短期的に給料が高い仕事よりも、福利厚生が充実していたり、勤続年数の長い職員が多い、自分が就職した後も長く働き続けられる職場を見つけるようにしましょう。

業績がいい時に賞与が多い企業は、常に好業績とは限らないので、雇用と給料、待遇が安定した職場を選ぶと安心です。職場を面接で訪問した際に、職場になじんでいる、勤続年数が長そうな職場を見極めるのがおすすめです。

DODAについてはこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です