勤怠管理とタイムレコーダーの進化

会社や企業、工場にとって社員の状態をチェックする勤怠管理は重要な仕事のひとつになります。
出勤、退社、休憩、休暇、それらがしっかりと正しく行われているかによって、社員に対する評価が異なってきます。

時間給で働くバイトやパートは当然のことであり、正社員に関しても残業や有給休暇などが正しく利用されているかはっきりとさせるのは重要なことになっています。



そのために活用されていたのがタイムレコーダーで、タイムカードを差し込むことによって時間が打刻されて、それをチェックして勤怠管理を行っているのです。

しかしながらタイムレコーダーというのは一度設置すると持ち運びするわけにはいかず、営業などで外回りをしている人間にとってはなかなか厄介なシステムだったりするのです。

営業で退社時間がきているのに会社に戻ってタイムカードを押さなければいけない、これはかなりの無駄であり、また会社側としても移動時間が残業となってしまう場合もあり損をしてしまいます。

それゆえ最近はタイムレコーダーのかわりにクラウドサービスを利用した新たな勤怠管理方法が注目されています。

wikipedia情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

インターネットを利用したクラウドサービスは接続する機器があれば、たとえば携帯電話やスマートフォンでどこからでも打刻することができますので、営業で外回りが多い人などにはぴったりのサービスになっています。

管理するのも楽ですし、これから主流になっていくと考えられているのです。