近年の勤怠管理システムの動向

企業であれば社員の勤務情報を管理する勤怠管理は必須です。

社員全員の勤務時間を計算するのはとても手間のかかる作業です。


勤怠管理の方法には様々あり、最も一般的で普及している方法はタイムカードを利用する方法です。
社員は出勤時と退勤時にタイムレコーダーに自分のタイムカードを通し出退勤時刻を打刻します。

総務担当者は締日に社員のタイムカードを回収し、タイムカードに打刻された勤務時間をもとに給与計算をします。



規模の小さな企業では今でも一般的な方法の一つです。
しかし、規模の大きな企業になると社員全員のタイムカードを計算するのはとても大変な作業です。

そこで、最近ではタイムカードを利用する方法の他に、勤怠管理システムを利用する方法が一般的になりつつあります。

例えば、社員証をICカード化している企業の一部では、タイムカードで打刻する代わりに、社員証をICカードリーダーにかざすことで、出退勤時刻を記録する方法を取り入れています。

出勤時刻と退勤時刻は自動的にサーバーに記録され、社員の勤務形態により自動的に勤務時間が計算されます。


また、比較的初期費用がかからないシステムでは、クラウドを利用した勤怠管理システムが普及しつつあります。

社員は、出勤時と退勤時にウェブサイト上から打刻処理をおこないます。

ICカード方式と同様に、サーバーに勤務時間が保存され、自動的に勤務時間が計算されます。

YOMIURI ONLINEに関する情報を公開しているサイトです。

これらのシステムには、給与システムと連動しているシステムもあります。勤怠管理で算出した結果をそのまま、給与システムで利用することもできますので、総務担当者の負担を大幅に削減できます。